Gauss Automazione社、50年の成功を祝う

発行日時

1967年の創業から今日に至るまでGauss Automazione社の鋳造セル事業におけるサクセスストーリーの基礎となっているのが、テクノロジーとイノベーションです。同社の歴史は、お客様と長年にわたって培い育んだ実りある協力関係の歴史でもあり、それは新たな設備導入のたびに深まってゆきました。

Gauss社は、実績とグローバルな視野に基づき、イタリアおよび世界各地でお客様の成功を後押ししてきました。 

成功を築いたこの50年間、Gauss Automazione社は、RD、製品品質、安全衛生、そして環境に重点を置き、高度な技術とイノベーションをお客様の事業へ導入すべくひたすら取り組んできました。 

長年にわたり、同社は非常にフレキシブルで効率的な鋳造セルを供給・設置し、隣接する工程や設備機器も含め、中核となるアルミニウム鋳造作業を提供してきました。 

第一段階として鋳造品を排出するロボットの導入から始まり、続いて抽出システム、オペレータの安全装置、そして生産の柔軟性向上へと進展させます。最近では、新しい切削技術や自動金型洗浄システム、金型への自動フィルター挿入装置なども開発しています。 

Gauss Automazione社によって設計された新しい機械制御システムは、工場の状態と操業状況に関するリアルタイムで完璧な情報を提供します。同システムの導入により、Gaussのソリューション技術の範囲は拡大し、工程の微調整、故障の防止、作業手順の簡素化などでもその性能が実証されています。 

技術者、設計者、そしてお客様との間で交わされた話し合いを通じ培われていったGauss Automazione社の経験を基に、同社の鋳造セルはターンキー生産システムにおける本格的な生産ユニットとなりました。